JAZZ JAPAN

現代のジャズシーンやジャズの遺産を
ファンの視点から捉えなおした新しいジャズ専門誌登場!

ANNA MARIA JOPEK & KROKE公演開催のお知らせ

 

ポーランドオリンピック委員会交流協定締結記念公演
アンナ・マリア・ヨペック&クローケ
公募招待(無料)により開催


  • 日時:3月22日(木) 開場17:30/開演18:30
    会場:群馬音楽センター
    申込み方法:往復はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望人数(2名まで)を明記の上、〒370-8501 高崎市高松町35-1 高崎財団「ヨペック公演」係まで。
    (2月28日(水)必着、応募多数の場合は抽選)
    電話:027-321-1213(高崎財団事業課)


    高崎市と公益財団法人高崎財団は,3 月22 日(木) 群馬音楽センターにて、「ポーランドオリンピック委員会交流協定締結記念公演 アンナ・マリア・ヨペック&クローケ」を開催する。
     アンナ・マリア・ヨペックはポーランドで絶大な人気を誇る実力派シンガーで,パッ ト・メセニーや小曽根真といったジャズ界の大物と共演した録音で世界的な評価を得てお り,ジャンルを超えた精力的な活動で「ポーランドの歌姫」とも称されている。
     2005 年の愛知万博で初来日以降,近年は東日本大震災後の復興支援を行うなど親日家としても知られている。
     この公演では同じくポーランド出身で,東欧伝統のユダヤ音楽(クレメール音楽)を現 代的にアレンジした楽曲で映画音楽なども手掛けるユニット,クローケとともに来日。
     高崎市は2017 年にポーランドオリンピック委員会とスポーツ,オリンピック教育,文 化の分野での交流協定を結んでおり,今回の公演は高崎市とポーランドの盛んな交流を 知ったヨペックの希望により多忙なツアー日程を調整して実現したもの。
     ポーランドが生んだ世界的音楽家のステージをより多くの方に触れていただこうという趣旨から公募招待(無料)により開催される。
    この機会にポーランドの伝説的歌姫の歌唱に触れ,ポーランド・ジャズ,文化の奥深さを堪能したい。

最新号情報

Current issue

JAZZJAPAN Vol.91 2月22日 ON SALE!

  • 特集1

    ジャズと青春を描いた傑作が実写化「坂道のアポロン」〜三木孝浩監督インタビュー

  • 特集2

    昭和ジャズの秘宝を探して〜1953年 日劇JATP公演の華麗なる舞台裏/“へたジャズ”!? 戦前日本ジャズを味わう

  • 特集3

    ステイシー・ケントの本誌アワード受賞に寄せて カズオ・イシグロからのメッセージ

  • 特集4

    久住昌之の世界 『孤独のグルメSeason6』『大根はエライ』で味わう唯一無二の創作ワールド

  • 特集5

    2017レコード・カタログ 後編

更新情報

News

photo by Tomoko Maruyama